犬のアトピー

  • ギリシア語の語源は「よくわからないもの」「不思議な病気」を意味する。
    アトピー体質の動物では、多くのものに皮膚症状があらわれるので、原因がアレルギーであれ、ストレスであれ、アトピー性皮膚炎とまとめられて表現されています。


  • <症状>

  • アトピー体質で現れる症状のひとつが、アトピー性皮膚炎、その多くはアレルギー反応が関与しているという捉え方が妥当である。

  • アトピー体質の犬では、皮膚炎のほかに、喘息のような呼吸器症状や、ホルモンのアンバランスに関係するようなヒステリー症状、あるいはてんかんのような発作を起こすこともあります。


  • <起こしやすい犬種>

  • シーズー、柴犬、ゴールデンレトリバー、ウェストハイランドホワイトテリア、などその系統の雑種犬も挙げられる。

  • 生活環境から体に取り込む物質が蓄積して、アトピーが発症してしまうとも考えられます。


  • <対策>

  • 病状が改善しても、必ずいろいろな症状を繰り返しながら慢性化していくものである、少しでもいい状態を長く維持するための努力・工夫がほぼ生涯にわたって必要である。


  • <治療の方法>

  • すべてのアレルゲンを遠ざけることが最善の治療法です。

  • それが不可能な場合には、マツヨイグサ抽や海産魚類の抽、また亜麻仁油などに含まれる必須脂肪酸の栄養補充食品(EPAやDHA脂肪酸)によって、炎症やかゆみを軽くすることができます。

  • 民間療法として古くから知られているオートミール入りの冷水浴も痒みの抑制に効果があります。

  • 定期的な水浴びや湿潤剤の使用により、細菌、真菌の温床となる皮膚の痴皮ヤアレルゲンとなりうる物質を洗い落とします。




犬の健康・病気の種類一覧