犬の食物アレルギー

      <症状>

  • 免疫グロブリン(抗体)の中には、消化器官の粘膜に多く存在するものがあってその働きが弱まると、消化管の透過性が高くなり、栄養成分が大きな分子のまま、吸収されてしまう。

  • 体の免疫系にとっては、異種の物質として認識される傾向が高くなって、アレルギー反応が出やすくなるともいわれる。

  • 症状がアレルギーと似たもので食物不耐性がある。アレルギーとの大きな違いは、アレルギーよりも急性であることが多く、体の免疫系の過剰な反応ではない。

  • 食物アレルギーの治療法はまず、アレルゲンが何であるかを見つけることから始まる。


  • <原因>

  • 犬の食物アレルギーを引き起こす食物には、ドッグフードの主な原料として使われるものが多いのです。

  • 大抵の場合、1、2種類の食物に対してアレルギー反応を起こすことが多く、それらの食物に含まれるタンパク質や炭水化物が、原因といわれている。

  • ドッグフードの値段の高い安いにかかわらず、同じ材料が使われていれば、アレルギーは出る可能性がある。


  • <原因となる食物>

  • 犬の食物アレルギーの原因となる主なものには、以下のような食物が挙げられます。


  •  卵・魚・肉類: 牛肉、鶏肉、豚肉、魚、卵
     穀    類: 大豆、小麦、大麦、ライ麦、オーツ麦、トウモロコシ
     そ の 他 : 乳製品

    <治療の方法>

  • 食物が原因となっている場合は、アレルギー用の処方食を与えます。

  • ホコリやダニが原因である場合は、生活している場所を頻繁に掃除するようにします。

  • かゆみを抑え、なめたり引っかいたりすることによって、皮膚傷害が蔓延することを防ぐために、抗ヒスタミン鋼とコルチコステロイド剤がよく使われます。

  • 頻繁にシャンプーすることで、痴皮や角化層と同時に皮膚表面のアレルゲンを取り除くようにします。




犬の健康・病気の種類一覧