天疱瘡(てんぽうそう)

    <症状>
  • まず口腔内にはじまることが9割で、その後上記のような場所に大型の水疱が形成され、破裂後、びらんや潰瘍をおこす。

  • 落葉状天疱瘡では鼻、耳介などにかさぶたとふけを中心とした病変がみられることが多いが、これはかなり古くなった病変で、最初は紅斑ができ、つぎに膿疱となり、膿疱がすぐに破れて、痂皮をつくるようになり、このようにかさぶたの多い病変となります。

  • 眼周囲、腹部やフットパッドにも病変は作られます。

  • 細菌の二次感染も懸念。尋常性天疱瘡では口腔内、眼周囲など皮膚と粘膜の境界部に水疱ができ、それがすぐに破れて潰瘍となり、致死的で大変危険な病気。


  • <原因>
  • 人の皮膚病として古くから知られていたが、1975年に犬でも同様の疾患が確認された。

  • 免疫が自分の皮膚を攻撃するために起こる自己免疫疾患で,犬では落葉状天疱瘡が最も多く尋常性天疱瘡がそれに続きます。

  • 現在のところ落葉性、紅斑性、尋常性、増殖性の4つの変種に分類される。

  • 一般に口や鼻の周囲、肛門や生殖器の周囲、腋や大腿の内側などの皮膚と粘膜の境界部位などが好発部位。

  • 発症は4-5歳に多く,秋田犬,ドーベルマン,ニューファンドランド,ダックスフントに多いようです。


  • <治療の方法>
  • 抗生物質療法で細菌感染の治療を行います。

  • 生検により診断を行います。

  • ステロイド、免疫抑制剤による治療を長期間行います。

  • 犬ではこの他、全身性エリテマトーデス、円板状エリテマトーデス、類天疱瘡などの自己免疫疾患がまれにみられますが、治療はほとんど同じと考えられております。

  • 徐々に薬用量を下げていくが、再発がみられる場合も多いようです。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧