脂漏症

    <症状>
  • 体臭が強くなり、体がべとついて脂っぽくなります(油性脂漏症)。

  • 細菌性の皮膚炎を起こしやすくなり、皮膚のただれ、赤み、かゆみ、痂皮(かさぶた)の形成、フケなどを起こします。

  • 外耳炎・趾間性膿皮症も脂漏症の1症状と言われています。

  • 脂漏症はアレルギーやホルモンの分泌量の異常、寄生虫の感染など、ほかの病気が原因になることも少なくなく、発疹や脱毛などの症状がみられることもあります。

  • 細菌感染を起こした皮膚の化膿性疾患は、膿皮症といい、脂漏症から膿皮症に発展する事があります。


  • <原因>
  • 全身の皮脂腺における皮脂異常をいいます。

  • ホルモンの量が食べ物の中の脂肪分が多すぎたり、少なすぎたりすると、皮脂の量が異常に増え油性の脂漏症になります。

  • 皮脂が過剰になったり減少したりすると、皮膚の新陳代謝が早まって角質化が進み、乾性の脂漏症になります。

  • 脂漏の状態によって、乾性と湿性に分類されます。

  • 脂漏症の主な原因は「ホルモンの異常(内分泌障害)」「脂肪分の不足」「ミメラルやビタミンの不足」「アレルギー」「寄生虫」「真菌感染」と考えられています。

  • 脂漏症を起こしやすい犬種は、パグ、ブルドッグ、シーズー、ビーグル、ジャーマンシェパード、コッカースパニエルなどです。


  • <治療の方法>
  • 病気が原因となっている場合は、脂漏症だけでなく、その病気を治療をする必要があります。

  • 脂性の場合には、脂肪酸製剤や動物性脂肪、コーンオイルなどをあたえたり、坑脂漏シャンプーでの薬浴も効果があります。

  • 乾性でフケがよく出る場合には、一般にビタミンA製剤や亜鉛製剤が投与されます。

  • 皮膚が乾燥し、フケがひどいときには、シャンプーのあと、保湿のために、皮膚軟化リンスを使う場合もあります。

  • ホルモンの分泌異常、たとえば、男性ホルモンや甲状腺ホルモンの分泌の量が少ない場合には、ホルモン剤を与えます。

  • 患部周囲の毛を刈り、薬用シャンプーで洗い、患部に抗生物質の軟膏を塗ります。

  • 症状がひどい場合は、抗生物質の飲み薬も同時に投与します。

  • 続発性脂漏症は原因疾患を治癒します。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧