耳疥癬

    <症状>
  • 疥癬と言うのは肉眼では確認できないほど小さな「ヒゼンダニ」というダニによって起こる皮膚病です。

  • ダニが寄生すると耳の中に黒っぽい悪臭がする耳垢がたまります。

  • ミミヒゼンダニが寄生すると耳の中に黒っぽい悪臭がする耳垢がたまります。

  • 耳垢を綿棒などで取って黒い紙の上に置いてみると、白っぽいダニが、動き回っているのがわかるはずです。

  • 激しい痒みが特徴です。


  • <原因>
  • ヒゼンダニは伝染性がとても強く、ダニが付いる首輪やブラシなどからも簡単感染します。

  • ヒゼンダニが全身に寄生するのに対し、ミミヒゼンダニは耳の中だけに寄生します。

  • 犬や猫を多頭飼いしている家庭では一匹がかかってしまうとあっという間に全体に広がる危険があります。

  • 耳垢を食べる体長0.5mm程度のミミヒゼンダニというダニが、外耳道の皮膚に寄生し、繁殖して起きる病気です。

  • ミミヒゼンダニは重症化すると、前庭障害などの症状を起こす場合があります。


  • <治療の方法>
  • 耳垢をきれいに取り、殺虫剤を使ってダニを駆除します。

  • しかし、ここで駆除できるのは成虫のみ、卵は駆除できません。卵が孵化するのを待ってから、再び殺虫剤を使用します。

  • 1週間に2~3回駆除するとよいでしょう。

  • 場合によっては、殺虫剤の摂取や抗生物質などの投与を行なう場合もあります。

  • 耳の中から落ちたミミヒゼンダニがどこかにくっついていてまた耳の中に戻ってしまう事もありますので、全身のシャンプー・身の回りの清掃も徹底します。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧