歯周病

    <症状>
  • 本来きれいなピンク色の歯肉は、血の気を失い青白くなってきます。

  • 口臭が強く、歯肉が腫れて出血しやすく、膿が出たりします。

  • 炎症や腫れがあるため、食事が摂りにくくなり、食欲が低下したように感じます。

  • 歯周病にかかった犬は、口臭が強く、歯肉が腫れて出血しやすく、歯がグラグラになって抜け落ち、硬いものが食べられなくなります。

  • 歯周病を放置すると、歯が抜けてしまったり、歯周病菌が血管を通って心臓や腎臓などの内臓疾患を引き起こす原因になるのです。


  • <原因>
  • 主に歯の表面にべっとりと付着した歯垢です。

  • 犬の歯みがきを怠ったり、しっかり磨けていないと歯の表面に歯垢が溜まります。

  • 歯垢に雑菌が繁殖してしまうと、そこから歯肉炎などを発症します。

  • 歯と歯の間に長い時間食べかすがたまっていたり、歯石が歯肉を刺激している。

  • 犬の唾液は人間よりもアルカリ度が高く、歯石になりやすい傾向があり、歯石もまた、歯肉炎などの歯周病の原因となります。


  • <治療の方法>
  • 犬用のブラシや指先にガーゼを巻いたり、大型犬だったら軍手をはめた指先などで歯を擦り、歯肉と歯を清潔に保ちます。

  • 初期の段階では歯垢や歯石の除去、薬物投与によって改善されます。

  • 症状が進行している場合は外科的手術が必要な場合もあります。

  • 薬物療法は効果が薄いので、歯垢歯石の除去がメインの治療になります。

  • 炎症のおきた歯肉内を洗浄し、そこへ抗生物質を投与します。

  • 歯肉内をしっかり治療しないことには再発を繰り返してしまいます。

  • 歯周病を起こしてしまったら、もう歯みがきなどの歯垢歯石ケアだけでは治まりませんので、歯石の付きやすい犬は定期的に除去などの処置を受けてください。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧