歯根の膿瘍

    <症状>
  • 歯の根元周辺に炎症が発症して引き起こってしまい、発見しづらいのが特徴です。

  • 膿瘍は痛みが激しく、発熱、元気消失、食欲低下を引き起こします。

  • 犬歯と上顎の前臼歯は、もっとも発症しやすい歯です。

  • 膿瘍が上顎の第3前白歯に形成されると、まず日の下に特有な腫れを起こし、やがて皮膚表面を突き破って破裂します。


  • <原因>
  • 食べかすと膿のポケットは、歯根やそのすぐ下に形成されます。


  • <治療の方法>
  • 膿瘍の範囲や患部の組織の状態にもよりますが、歯髄を抜いて充填するか、抜歯をします。

  • 場合によっては抗生物質を細菌性の感染を治療するために投与します。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧