流涙症

    <症状>
  • 犬の流涙症・涙やけにかかると、やたらと涙が出るので目頭が汚れ、目の周りの被毛が茶色に変色してしまいます。

  • 涙とともにでる目やにが鼻の横を汚し、その部分に湿疹が発生することもあります。

  • 眼の内角の被毛が赤茶色に変色し、ひどい場合は皮膚がただれたり、悪臭がしたりします。


  • <原因>
  • 涙液のかじょう分泌によるもの結膜炎、角膜炎、まつ毛異常、眼瞼内反(瞼が眼の内側に入り込んでしまうこと)などや、涙液の排泄しょうがいによるもの涙管の閉塞や先天的なけっそん、眼輪筋(眼の周りの筋肉のひとつ)の機能低下などによっておこります。


  • <治療の方法>
  • 目や鼻の病気が原因であれば、まずその治療をします。

  • 外傷や炎症が原因で涙点がつまったり位置がずれた、あるいは涙小管がつまったなどの場合には、犬に麻酔をかけて細いカニューレ(管)を涙点や涙小管にさしこみ洗浄します。

  • 症状が再度あらわれたらまぶたを清潔にし、涙をまめにふきとるようにします。

  • 目やにが多いようなら、点眼薬などを処方してもらい、結膜炎などを併発しないよう気を配ると良いでしょう。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧