角膜炎

    <症状>
  • 角膜炎は黒目を覆っている膜である角膜に炎症が起こる事をいいます。

  • 激しい目の痛みをともない、涙や目やにで目の周囲が汚れます。

  • 角膜の障害がが進行すると角膜が白く濁ってっるようになり、潰瘍ができることもあります。

  • 軽いうちは、注射や眼薬、内服薬などですみますが、悪化して表面がデコボコになってくると手術が必要になる(潰瘍性角膜炎)。

  • 角膜の表面が白濁して盛り上がり、血管新生が生じているときはかなり悪化した状態です。

  • 涙の流れる量が極端に減少して、角膜表面が乾燥してしまう乾性角膜炎というのがある。


  • <原因>
  • 目に異物が入った時、目をこすることにで角膜に傷がつき炎症が起きてできます。

  • ケンカ傷などの外傷から起きたり、細菌が付着したり、結膜炎が悪化して起こったりします。

  • アレルギーや感染症からの併発、代謝障害によるものなどもあります。

  • 手遅れになると、角膜に穴があいて中身が飛び出して来る事がある(角膜穿孔)。


  • <治療の方法>
  • 原因となるものを、まず取り除き炎症や感染を抑える薬を点眼しましょう。

  • 毛が原因なら毛を、シャンプーなどの目に入ったものが原因ならよく洗い流しましょう。

  • アレルギーが原因であればそのアレルゲンに対しての治療が必要となります。

  • ウィルスや細菌感染が原因の場合は、抗生物質入りの目薬や眼軟膏などで治療します。

  • 場合によっては外科的に処置を行います。

  • 常に目やになどを除去し、眼の清潔を保つことで、ある程度予防することができます。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧