先天性の異常

    <症状>
  • 心臓の中に穴があいていたり、太い血管が胎生期にあった血管の名残でつながっていたりし、動脈血と静脈血が混ざってしまう疾患など。

  • 大動脈が心臓から出て行く部分が狭くなっていたりするものがある。

  • 時には軽いものもあり、予防接種の時やチアノーゼ、発作、発育不良、咳、不活発などの症状から発見されることもあります。


  • <状態>
  • 犬の心臓の先天的異常は、ほとんど形の奇形といわれるものです。

  • ほとんどが、生後まもなく死んでしまい、病院へ来ることはまれです。


  • <治療の方法>
  • 心臓の異常が見つかった場合は外科的手術をおこないますが、困難なケースが多く慎重な選択が必要になってきます。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧