心房中隔欠損症

    <症状>
  • 比較的多い先天性の異常で心房中隔欠損症をもっていても、欠損孔が小さい場合はとくに重大な症状が出ない事もあります。

  • 欠損孔が大きい場合や他の心疾患を併発しているような場合には、運動するとすぐに疲れる、皮膚や粘膜が青白くなる(チアノーゼ)、意識がなくなるなどの症状が現れます。

  • 心房中隔欠損症をもっている犬がフィラリアに感染すると、欠損孔を通じてフィラリア成虫が右心房から左心房に移動し、末梢の動脈血管に流入して重い動脈塞栓を起こすことがあります。


  • <原因>
  • 「中隔」と呼ばれる左右の心房を隔てるための組織が、胎児期や出生後に十分に発達せずに孔が閉じないままになっている病気です。

  • 犬では少ない先天性心疾患ですが、オールド・イングリッシュ・シープドッグでは遺伝的素因が示唆されています。

  • ドーベルマン・ピンシェル、サモエド、ボクサーなどで多くみられる傾向があります。


  • <治療の方法>
  • 無症状であれば、治療を行う必要はありませんが、このような異常を持つ犬がフィラリアに寄生された場合、虫が卵円孔を通じて右心房から左心房に移動し、問題をおこすことが考えられています。

  • 欠損孔が小さな心房中隔欠損症では特に治療を必要としませんが、経過観察が必要です。

  • 大きな欠損孔がある場合は外科手術によって孔を塞ぎます。

  • すでにうっ血性心不全を発症し、手術の危険性が高い場合は内科的治療のみが行われることがあります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧