三尖弁閉鎖不全症

    <症状>
  • Ebstein病、心房中隔欠損欠損症などの先天的なものと、リウマチ性、肺高血圧症などの後天的なものに分けられる。

  • E三尖弁に異常があると、他の心臓の病気と同じような症状がでる。

  • 初期の症状は運動すると疲れやすい、乾いたせきをする、痩せるなどで、進行するとむくみなどの症状が出てきます。


  • <原因>
  • 三尖弁の接合不全により収縮期に右心室から右心房逆流を生じる疾患。

  • 三尖弁閉鎖不全症は単独で起きることは少なく、ほとんどの場合心臓の奇形やフィラリア症、僧帽弁など他の心臓病と関連して起きます。


  • <治療の方法>
  • 基本的に心臓病の治癒は難しいために、一生つき合っていかなければならない病気です。

  • 激しい運動を控える、安静、食事療法など、症状を抑えて少しでも体が楽になるように、様々な薬物療法を行います。

  • むくみを取る薬など犬の性格をみながら組み合わせて行うことになります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧