動脈管開依存症

    <症状>
  • まったく無症状で心臓の雑音だけが身体検査で見つかる場合が多いのですが、元気が無い・発育が悪い・左心不全の様々な症状などを示すこともあります。

  • 犬で多い先天性の心疾患です。

  • 胎子期に使用され、通常であれば生後2-3日で閉じてしまう心臓の血管が、それ以降も閉じないことにより循環に問題が起こります。


  • <原因>
  • 出生後は閉鎖するべき肺動脈と全身動脈をつなぐ動脈管が開いた状態で、心不全や呼吸不全を起こします。

  • 心臓の中に穴があいていたり太い血管が胎生期にあった血管が残ってしまい、動脈血と静脈血が混ざってしまう症状です。

  • 大動脈が心臓から出て行く部分が狭くなっていたりするものがあります。


  • <治療の方法>
  • 治療には外科的手術が必要になることもあります。

  • 病気の状態や犬の健康状態によっては手術を行うかを選択します。

  • 症状を軽減するために対症療法と心不全に対する内科療法が並行して行います。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧