乾性角膜炎

    <症状>
  • 一般に流涙、羞明(まぶしがり)眼瞼痙攣などが認められることが多いです。

  • 結膜炎の併発や角膜混濁(透明度の消失)ある角膜の血管新生などが生じます。

  • 粘着性の高い膿のような目やに、結膜の充血、慢性的になると角膜の白濁やメラニンの沈着などが見られます。

  • 片目だけの場合同側の鼻が乾いていることもあります。

  • 角膜表面にメラニン色素が沈着する症状を色素性角膜炎とも言います。

  • <原因>
  • 細菌やウィルスの感染や物理的外傷、その他代謝障害などによって起こります。

  • 先天性、神経性、自己免疫性、涙腺の炎症、特発性などが挙げられますが、ほとんどが特発性といわれています。

  • ドライアイは、涙腺の物理的損傷や、中耳の感染による晩の神経の傷害によっても発症します。

  • チェリーアイ(瞬膜腺の突出)の治療として、瞬膜腺の摘出をした場合に合併症として起こすことがあります。


  • <治療の方法>
  • ほとんどの場合は原因が分かりません。

  • その場合は対処療法として角膜と結膜を保護する意味で人工涙液などを点眼していきます。

  • また、こまめに洗眼していくと効果的です。

  • 治療がかなり長期になることも珍しくなく、よくなっても点眼を止めると再発することもあります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧