角膜の異常

  • 角膜疾患は失明する可能性が高いので、より早期の治療が必要です。


  • <症状>
  • 急性期は角膜の痛みのために目がしょぼしょぼとして、涙があふれてきます。

  • 時間が経過するにつれて、角膜の白濁や混濁、血管新生などがみられます。


  • <原因>
  • 先天性疾患で最も多いのはデルモイドの増殖で、角膜の表面に毛が生えている異常です。

  • 後天性疾患としては角膜炎、角膜壊死、角膜裂傷、角膜異物などがあります。

  • ときには伝染性肝炎ワクチンの接種後に角膜の白濁が見られることがあります。


  • <治療の方法>
  • 先天性疾患(デルモイド)の場合は、手術でその部位を摘出します。

  • 痛くて目を擦りつけてしまいますので、エリザベスカラーをつけます。

  • 点眼薬のみから手術まで必要に応じて行います。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧