眼瞼疾患

  • 眼瞼疾患のいくつかを説明します。


  • 眼瞼癒着
    犬の目は生後10~14日で開くのですが、それが何時になっても開かない異常です。

  • 眼瞼欠損
    生まれつき眼瞼が部分的に、または全層にわたって欠損している異常です。
    手術によって眼瞼の再形成を行います。

  • 類皮腫
    通常は眼球をおかす例が多いのですが、ときには眼瞼にも病変が波及します。
    手術で摘出します。

  • 逆さまつ毛
    コッカースパニエルとプードルの約50%にみられ、上下眼瞼ともに発生します。
    まつ毛の生えている位置の異常、方向性の異常によって、眼球に障害をおよぼす疾患です。
    必要に応じて手術を行います。

  • 眼瞼内反症
    眼瞼とまつ毛が内側に反転して、まつ毛が目の表面(角膜)を常に刺激して傷をつけ、持続的な痛みを起こす異常です。
    手術を行えば容易に治ります。

  • 眼瞼外反症
    結膜表面の露出をともなう眼瞼の外側への反転をいい、下眼瞼に起こります。
    慢性結膜炎や流涙症の原因になります。

  • 涙点の異常
    涙点が小さい例、欠損または位置の異常があります。
    両方の涙点に異常があると流涙症を起こします。

  • 小眼瞼裂
    小眼球症でおこる小眼瞼裂が最も普通であり、治療対象外です。
    原発性の発育不全では、眼角切開術で眼瞼を広げます。

  • 乾性角結膜炎
    涙の分泌不足で角膜と結膜が乾燥する慢性疾患です。
    多くは60日以内に回復しますが、しなければ外科手術が必要です。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧