眼瞼内反症

    <症状>
  • まぶたが内側に巻き込んでるためまつ毛が目にあたり逆さまつげ状態になり、目やにや涙が増えます。

  • まつげや異物が目に入ったような刺激によって、眼をこすったり、羞明や流涙を繰り返します。
    そして、角膜炎や結膜炎にかかりやすくなります。


  • <原因>
  • 犬の眼瞼内反症(逆さまつげ)の大半が先天的なものです。

  • 眼瞼が眼球に向かって内側に反転した状態で、角膜に対して眼瞼やまつ毛が物理的刺激を持続的に与える事になる。

  • そのため、眼瞼内反症は角膜や角膜潰瘍を発生させる大きな要因と考えられています。

  • 外傷やほかの目の病気が原因でまぶたが変形する事で起こる場合もあります。


  • <治療の方法>
  • 軽度の内反なら、刺激しているまつ毛を根気よく抜いてから結膜炎などの炎症を治療すれば、全体の腫れがひいて内反が軽減することもあります。

  • 重度の場合は、まぶたの形を整える手術が必要で、形が整ってから炎症の治療を行います。

  • 最近では脱毛の方法で使われるレーザー治療も行われる事があります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧