眼瞼外反症

    <症状>
  • 瞼が外側にめくれた状態になり、結膜や角膜が露出して、結膜炎や角膜炎を起こしやすくなります。

  • 涙や目ヤニが多量に出たり、目を気にして前足でこすったりします。

  • 目が乾燥しているため、乾性角結膜炎にかかりやすくなります。


  • <原因>
  • 外傷や結膜炎などが原因で起こる場合や、先天的な原因で起こる場合があります。

  • おもに、顔面の皮膚がルーズな犬種に多く、例えばセント・バーナード、ブルドッグ、などに多発する先天的疾患と考えられています。

  • 瞼の外反は、下瞼に起こることが多いです。

  • 眼瞼内反症とは逆に、まつ毛と眼瞼が外側に反転して結膜表面の赤い色をした粘膜の一部が露出した状態を眼瞼外反症といいます。


  • <治療の方法>
  • 軽度の眼瞼外反は、とくに高齢犬では一般的です。

  • 結膜炎や角膜炎を起こしている場合には、そちらの治療を行ないます。

  • 乾性角結膜炎の予防のためには、目の周囲を洗浄して、炎症を鎖める軟膏や人王族液で角膜や結膜を保護します。

  • この症状の犬は、毎日眼を調べ、ぬるい食塩水で湿らせた脱脂綿か市販の限洗浄液で、露出した結膜艮洗浄します。

  • さらに重度の場合は、眼瞼をつり上げるなどの手術が必要となります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧