白内障

  • 白内障は俗に「白そこひ」ともいわれ、水晶体(レンズ)が白くにごってしまう病気で、光が網膜に達しにくくなるため見えにくくなってしまいます。


  • <症状>
  • 眼の表面が白くなってくると目立つので、これを白内障と言われる方が多くいるが、これは角膜混濁という病気です。

  • 白内障とは、瞳孔の奥にある水晶体、または水晶体嚢というカメラのレンズにあたる部分に、混濁(白濁等)がみられる病気です。

  • 痛みもなく徐々にくるので、飼い主さんは気がつきにくい。

  • 5歳以下の若年性白内障と、それ以降の老人性白内障に分かれるが、犬の場合のほとんどが、程度の差はあれ、この障害を起こします。

  • 少しずつ視力が落ちるので、夜の散歩の時など、物にぶつかりやすくなったら要注意。

  • 理由は、はっきりしないが、代謝異常よりタンパク質が変性を起こすためといわれる。まず、初発の時に進行を抑えるのが大事。


  • <原因>
  • 病因は十分に解明されていません。

  • 原因としては先天性、遺伝性、栄養不良性、中毒性、炎症性、老齢性、放射線障害、ほかの眼疾患の併発症、全身性疾患の続発、代謝性、外傷性などがあります。

  • 外傷性、糖尿病性老齢性などが原因として挙げられますが、猫ではヒトや犬のような老齢性のものは少なく外傷性のものが多い。


  • <治療の方法>
  • まず第一に獣医師とよく相談されることが必要です。

  • 糖尿病性白内障、網膜が機能していないなどの一部の症例を除き、基本的には水晶体摘出手術を行いますが、術後も約2カ月はこまめな治療が必要となります。

  • 毎週1回の注射による治療法は前嚢型の白内障の50%に効果が見られ、後嚢型白内障にも有効な場合があるようです。

  • 点眼薬で水晶体の白い濁りを取り除くことはできませんが、進行を抑えることはできます。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧