結膜炎

    <症状>
  • 眼瞼と眼球をつなぐ結膜は、角膜と共に外界と直接ふれるため、さまざまな原因によって炎症を起こした結果、目やに・充血・涙目・浮腫などが症状として現れます。

  • 犬の目の病気では、もっともよくみられるものです。

  • 涙や目やにが多くなり、かゆみも出てくるので目をこすったりひっかいたりします。

  • まぶたを裏返すと赤く充血しやがてまぶたも腫れています。

  • ほっておくと視力に影響する事もあります。


  • <原因>
  • 目だけの疾患の場合と、全身性疾患の一症状としておこる場合があります。

  • 原因は被毛やほこりや植物種子などの異物、毒物性スプレー・細菌などの微生物が考えられます。

  • 片目の場合は物理的刺激、両目の場合は微生物による感染症と考えられます。


  • <治療の方法>
  • 原因が何なのかをまずつきとめましょう。

  • 目の周りの毛が入っている場合は、それらの毛を抜いたり剃ったりします。

  • 身性の病気が原因なら、その病気の治療をします。

  • 細菌のウィルス感染が原因の場合は、抗生物質の目薬や眼軟膏で治療をします。

  • シャンプーなど化学薬品が原因なら、まず、目の洗浄が必要です。

  • アレルギーでは抗炎症薬を使い治療します。

  • 他の動物と隔離しできるだけ早期に獣医師の診察を受けましょう。

  • 痒みのために目をこすりすぎる場合は、エリザベスカラーをつけてこすったりかいたりすることを防止します。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧