ホーナー症候群

    <症状>
  • 目に異常があらわれ、瞳孔が小さくなったり、通常は隠れている瞬膜が外に露出する、目がくぼみ、まぶたがたれるなどの症状がみられます。


  • 片目だけに発症することが多く、痛みはありません。


  • <原因>
  • 首の付け根から目の周りをはしる迷走神経の異常によるものです。


  • 首の付け根の部分の椎間板の損傷、あるいは外耳炎や中耳炎などの病気が原因となります。


  • <治療の方法>
  • 原因となっている病気を治療すれば治癒します。


  • 通常は治療すれば1ヶ月ほどでよくなります。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧