前部ブドウ膜炎

    <症状>
  • 特に急性で激しい痛みを伴うことがあります。


  • 結膜と虹彩の両方の血管が充血することにより眼は非常に敏感になっていることがあります。


  • 虹彩自体は肥厚、腫脹し、正常な構造を失います。


  • 房水フレアとよばれる、蛋白がもやもやとした、時に顆粒状にみえる物質を前眼房に形成することがあります。


  • <原因>
  • ブドウ膜は目の血管膜で、虹彩、毛様体、脈絡膜から成ります。


  • ウイルス性肝炎、水晶体性ブドウ膜炎や皮膚の脱色素と被毛の白色化に関連する急性両側性ブドウ膜炎(秋田犬、サモエド、およびシベリアンハスキーなど)などが考えられます。


  • <治療の方法>
  • 原因が分かっているものについては、ブドウ膜炎を刺激するものを除去するようにします。


  • 先天異常はかなりみられますが、瞳孔膜遺残を除けば、視力への影響はほとんどありません。


  • 一般的に、抗炎症剤や散瞳剤、毛様体筋麻痺剤によってコントロールします。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧