犬の腫瘍(ガン)

  • 獣医療の進歩と飼い主による適切な飼育により、高齢化に伴う腫瘍の問題がクローズアップされています。


  • 腫瘍(ガン)は大きく分けて、悪性(転移性)と良性(限局性)に分けられます。


  • 腫瘍治療の成否の第一は早期発見で、飼い主の細かい観察が治療のカギになることは間違いありません。
    比較的犬は、皮膚など体表に発生する腫瘍が多く発見しやすいのです。
    何時も、皮膚や乳腺、肛門などの様子を観察して、少しでも異常が認められたら、かかりつけの獣医師に診察してもらいましょう。


  • 腫瘍治療のカギ
  • 皆さん、早期発見が腫瘍治療のカギなんです。


  • いくつかの腫瘍(ガン)の説明はここから見にいけます。


  • ご存知でした?獣医師に診察してもらった治療費は全額飼い主負担なんですよ!
    現時点での最善の対策は、人間同様に保険に入るのがいちばんです。
    保険情報はこちらです。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧