外耳炎

    <症状>
  • 痛みやかゆみを伴うため、不快感がひどくなり、犬は頭を振り、後ろ足で耳を引っかいたり、こすったりします。
    時には、かいている後ろ足のつま先が耳の中に直接入りこんで、皮膚を傷つけてしまい皮膚炎がひどくなることもあります。


  • 雁思している耳側へ頭を傾けることもあります。


  • 通常、悪臭を伴う黄色や茶褐色の耳垢状の耳だれがみられます。


  • 炎症がひどくなると、鼓膜から中耳に広がったり中耳炎、それから内耳にまで達し内耳炎になってしまうこともあります。


  • <原因>
  • 外耳の感染症は、細菌、真菌、酵母が原因です。


  • ダニ等の寄生虫感染があります。


  • ほかの犬からの感染はありません。


  • 外耳道の感染は、耳の常在微生物の日和見感染です。


  • <治療の方法>
  • 炎症が軽ければ耳垢をていねいに取り除ければ治ります。


  • 検査によって菌を確認できたら、それに合った抗生物質や抗真菌剤を投与します。


  • 耳道に軟膏やクリームの薬剤を使うときには耳毛を抜き、耳をきれいに拭って消毒します。


  • 耳道内はデリケートな部位なので、清拭には刺激の少ない消毒液やオイルを使います。


  • 慢性の炎症によって外耳道がふさがれた場合には、外科的治療をすることがあります。


  • 日頃からの定期的なチェックと耳掃除が予防として大事ですが、掃除のし過ぎは逆効果になりますので注意が必要です。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧