犬の伝染病

  •  ウィルスや細菌などが原因で発病し、他の動物にうつり、命取りにもなります。
    特に免疫の弱い子犬や老犬に感染する可能性の高い病気ですが、その多くはワクチンで予防できます。


  •  子犬は母乳による免疫で守られていますが、これは成長とともに低下します。その免疫のある期間はおおむね50~60日間程度ですので、タイミングをみはからって、1ヶ月間隔で2回のワクチンを接種しなければなりません。
    ワクチンによる免疫も一生続きませんので、毎年1回接種が必要になります。


  •  【注意事項】
    ワクチン接種後はアレルギーが出たり、発熱がないか観察するために安静にし、ストレスを与えたり激しい運動や入浴は避けます。
    数週間後には十分な免疫が出来ます。


  •  いくつかの伝染病の説明はここから見にいけます。


  •  スポンサードリンク

犬の健康・病気の種類一覧