犬の服

    犬の服から華麗なファッション
  •  犬は成長しても同じ距離にいて甘え続けてくれる、永遠に小さいままで変わらない子供のような存在である。ほほえましい姿や動きに慰められ、飼い主への万全の信頼を寄せてくれるので、溺愛する飼い主も少なく有りません。だからこそ、”うちの子は自慢”は飼い主同士のお茶会などで罪のない会話として行われています。


  •  犬の可愛らしさを強調し、他の犬との違いを強く表現するために、オリジナリティあふれた犬の服用意して、着せてあげることが流行しています。
     カラースプレーなどで被毛着色や奇抜なトリミング、リボンやジュエリーなどのアクセサリーを身に付けさせて、犬の独自性をアピールする方もいます。


  •  室内飼育が一般化したために犬の体温が低くなり、保温のためにも服を着せることが定着してきました。
     おしゃれに飾った衣装やお尻が黄色と黒色の縞柄となっているミツバチなどの昆虫、可愛らしく羽の生えた妖精の仮装ファッションなど、人間に作られているファッションはほとんど犬用に置き換えて作られています。


  •  飼い主のファッションにコーディネートすることも重要視されています。海や川で遊ぶためのフロートコート、ワールドサッカー観戦用に、日本サッカー協会公認のペット用のユニホームシリーズもあり、目的を持った着せ替えができる時代となっています。

犬の健康・病気の種類一覧