犬のブリーダー

    ブリーディングの目的は優秀な子犬を作る
  •  ブリーダー(繁殖家)には特別な資格は必要としていません。
     一般的に認知されている”トップブリーダー”と呼ばれている人達は、「特別に優秀な血統の牡(オス)犬を持ち交配料を稼ぐ人、牡・牝(オス・メス)の両方を飼育しながら、交配、出産、離乳まで犬舎を備えて管理運営する人、別の仕事をしながら趣味の延長上でブリーダーをする人、ハンドラーやトリマーを兼業してブリーダーをしている人などがいます。


  •  欧米のブリーダーは長期的な視野を持ち、愛好する一つの犬種の向上を考え、遺伝学を修めて独自の繁殖プログラムを組んだ計画をたて、改良を重ねて犬種の反映に貢献しています。営利目的を主とはしていません。
     ブリーディングには
    ⅰ.ラインブリーディング(系統繁殖)
    ⅱ.インブリーディング(近親繁殖)
    ⅲ.アウトクロッシング(異系繁殖)

    があり、基本は「ⅰ.ラインブリーディング」であるが、「ⅱ.インブリーディング」や「ⅲ.アウトクロッシング」も取り込みつつ、犬舎毎に犬の系統(ライン)が形成されていきます。


  •  純血種は世代を重ねるにつれて遺伝性の疾患が増える傾向があるので、ブリーダーは犬種への知識や遺伝学の知識が不可欠な専門的な仕事である。日本ではブリーダーはジャパンケネルクラブに登録し、犬舎名を貰うのが一般的である。


  • こんなブリーダーには注意が必要!
  • 人間の生活と懸離れた場所に犬舎がある場合
  • それぞれの子犬の性格を説明できない場合
  • 母犬の出産頻度や腹子の数を隠す場合
  • 仔犬の成長記録、診察記録、予防接種の記録が
      ない場合
  • 仔犬の先祖に何かのチャンピオン犬がいることを
      自慢する場合

犬の健康・病気の種類一覧