犬の名前

    犬の名前は大事
  •  愛犬と出会い、我が家へ訪れるまでの間、きっと子犬になんと名前をつけてあげるか悩むことでしょう。
     もちろん、十数年間呼び続ける”お名前”なので、一瞬の閃きであろうが大事につけてあげてください。
     人間でもそうですが、「犬も名前で顔が出来て行く」と言われています。
     ”太郎”と名づければ、”太郎”の顔になってくるし、”スパイク”と名づければ、”スパイク”の顔になってくるものです。
     迷信であろうが、自分の犬になってもらいたいイメージで名前を選びつけてあげることが望ましいです。
     一般的には、今見た目の印象で名前をつけられることが多いようです。
     自分が思い浮かべていた理想や将来なって欲しいイメージの名前を犬に付けてあげると、そういう風に犬も成長していくのではないでしょうか。


  •  盲導犬や介助犬などの働くワンちゃんや純血種のワンちゃんたちの名前はお母さん犬の何回目の出産で生まれてきた子か分かる名前がつけられています。
     初め ての出産で生まれた小犬たちには名前の頭文字が「A」で始まる名前、2回目は「B」、3回目は「C」・・・となります。そのアルファベットを最初の文字に して名前がつけられます。3回目のお産で生まれた小犬達にはClaraやChrisと言った名前になります。そのため兄弟はみんな同じ頭文字で 始まる名前になるのです。


  •  日本では、人気の高いとしては、

         雄の犬
        1位 コロ
        2位 ラッキー
        3位 モモ
        4位 チビ
        5位 ジョン

         雄の犬
        1位 モモ
        2位 ナナ
        3位 ハナ
        4位 ベル
        5位 ラブ

    となっていますが、あなたが飼っているわんちゃんの名前はどうですか?
    ☆体型や毛の色、模様などの見た目から付けました
    ☆態度や性格から付けました
    ☆好きな芸能人や食べ物の名前にちなんで付けました
    ☆”ラッシー””ヨーゼフ”などテレビの影響から付けました
    な~んて理由が多いみたいです。

犬の健康・病気の種類一覧