自然治癒力を高める

    お薬に頼らず、犬の病気、猫の病気を助ける方法

  •  自然治癒力は動物がもつ生命力そのものです。

  •  体を健康な状態に維持するためには、体の機能のバランスや秩序を正常に保ち、病原菌など異物の侵入、変質した自己細胞を排除し、細胞を修復したり新しいものに交換する機能が治癒力です。これを、医療機関や投薬などの助けを借りずに、自然と行う機能を自然治癒力と呼ばれています。
     すなわち、体の外部環境の変化、あるいは体内の生理機能のバランスの乱れに対して、自然に身体の状態を恒常的に一定に保とうとする働きです。

  •  例えば、外気の温度が極端に変動しても、体は熱の放散と生成を調節することによって、体温が著しく上がったり下がったりすることはありません。また、水を飲みすぎても、多量の汗をかいても、尿の量を調節するホルモンの作用によって、体内の水分量は常に一定に保たれます。運動によって酸素の消費量が増えれば、心臓の脈拍は早くなって血液循環を促進します。このような恒常性維持機能は、主に自律神経や代謝エネルギー、内分泌(ホルモン)の働きによって調節されています。

  •  自律神経を例にとっても、自律神経の交感神経と副交感神経は、交感神経→興奮させる(職場でのミス、全力運動、夫婦喧嘩などのストレス)、副交感神経→リラックスさせる(音楽を聴きながらくつろぐ、お風呂でゆったり、歩く)、という具合にそれぞれ相反する方向に働き、健康なときには常にバランスを保っていますが、この2種類の神経のバランスが崩れ片方に偏ると、さまざまな病気をもたらします。

  •  動物達は古くから病気を自分自身で克服していました。現在は人間同様、生命力そのものの低下で、動物本来の自然治癒力でも「病気にかかりやすい」「病気が回復しにくい」状況に陥っています。とはいうものの、お薬など化学薬品には極力な頼りたくないのも事実だと思います。
     最近は、人間も首にゲルマニウムやチタンを身に着けている。犬にも、お薬に頼らず、犬の病気を助ける方法 があります。
     犬が病気になった時、お薬でも手術でもなく、自然な形で元気にさせたい時、効果的に自然治癒力を高めるには?
    多くの有名人も利用しているというペットの病気を助けるための方法 があります。

犬の健康・病気の種類一覧